子宮内膜症でも諦めない

つくつく

メイキングラビットとは?のページでもお話しましたが、私は子宮内膜症に悩まされている一人です。

  • 肌は大荒れ
  • 仕事が思うようにいかない日もあり
  • イライラしたくないのにイライラする
  • 怒りたくないのに子どもに怒鳴っちゃう...
  • 好きな美容も通院費にとられ、あまりお金をかけられない...。

同じ気持ちの人は他にもいるはず。

他の人が頑張れているのに、私も諦めてはいけない!

つくつく

そんな気持ちで、私は私でできることを考えました。

同じ悩みをもつ人をサポートすること。

  • 子宮内膜症の大荒れの肌でも助けてくれたコスメたちを紹介!
  • 仕事が少しでも楽に感じるキャリアの考え方!
つくし

周囲に子宮内膜症で悩んでいる人がいたら、是非メイキングラビットを教えてあげてね!

あわせて読みたい
つくつく

抗酸化に優れた成分、イデベノンには本当に助けられました!

これは本当に本当に、オススメ!

SIDMOOL 美容液 イデベノン弾力アンプル シドムール
【イデベノン】SIDMOOLのイデベノンアンプルでよみがえる肌!?
シドムール イデベノンクリーム
シドムールのイデベノンが神!体調不良でも○
つくつく

ほら!ちゃんとケアしていれば、薬でなくても化粧品でここまではなんとかできますよ!↓

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、本来なら子宮の内側の壁を覆っている子宮内膜が、子宮の内腔以外の部位(卵巣や腹膜、子宮の壁の中など)に発生し、発育を続ける病気です。20~30歳代の若い世代の女性に発症することが多いとされています。

Medical Note より引用】

【参考】子宮内膜症情報ステーション

日本子宮内膜症協会

気付いて!子宮内膜症

個人差はありますが、
子宮内膜症になると

  • ホルモンの乱れによって肌荒れ
  • ホルモンの乱れによってイライラ
  • 下腹部が重い・だるい・痛い etc...
  • なんとなく仕事のやる気が出ない

などの症状が出やすくなります。

つくつく

先ほど、20~30歳代の人がなりやすいとありましたが、この世代は主婦デビューしたての人も多いはず。
初めてといえるライフイベントも重なり、もともとストレスがたまりやすい時期です。

一人で悩まないで、誰かを頼ってくださいね!

是非、メイキングラビットも情報の頼りにしていただけると嬉しいです。

こんなめまいは要注意!

つくつく

私は、地味にめまいが辛いと感じることが多いです。

  • めまいと併せて頭痛がある
  • 意識が途切れる
  • 話している途中にかんでしまう回数が多い
つくし

本当に気を付けてね!

自分が「そのうちの1人」になったことで

つくつく

私が子宮内膜症に悩まされる1人になったことで、素直に感じてしまったことです。

まだまだお金が物を言う世の中だと実感

通院などでお金がかかる人が、仕事を休まないと辛い(=収入が減る)。

体調不良で休みやすい世の中にはなっているけど、お金が減って苦しむのは自分。

特に主婦なら家族にも負担がかかるという意識があります。

ストレス社会、これでは終わらないような気がしてなりません。

つくし

メイキングラビットの応援、よろしくね!